腸内美容できれいに痩せよう!

「腸内美容」はきれいに痩せるための条件

 

きれいに痩せるための条件として、ちかごろ女性の間で「からだの内側からきれいになって痩せる!」といったことが話題になっているようで、美容やダイエットにおいて1つの目標、目的となっているようなのです。確かに、見た目にきれいでスリムでスタイルのよい女性にとって憧れの体型を維持している人では、かただの内側からきれいになる美容法に取り組んでいる方が多いようなのです。ところで、からだの内側からきれいに痩せるって具体的にどういうことなのでしょうか?

 

からだの内側からきれいに痩せる、あるいはからだの内側からきれいになるダイエット方法とは、「腸内環境をきれいにしてからだの免疫機能や抵抗力を高めることで人間本来の、また女性本来のからだの内側からにじみ出るような美しさできれいに痩せる!」ということなのです。このようなきれいに痩せるダイエット方法を最近では「腸内美容」という呼び方をいるのです。

 

「腸内美容」できれいに痩せるためのキーポイント

 

腸内環境をきれいにして腸内美容できれいに痩せて美しくなるためのキーポイントは、「腸内細菌のバランスを保つ」こととなります。腸内環境がきれいで腸内美容に役立ちきれいに痩せられる腸内細菌のバランスとは、善玉菌が腸内で活発に働いて善玉菌が腸内で優勢となっている腸内環境となります。

 

その逆に、悪玉菌が増えて悪玉菌が優勢となる腸内環境は荒れて乱れたものとなります。そして、悪玉菌が優勢になると腸のぜんどう運動が低下して便の排泄が停滞して便秘になります。便秘は、きれいに痩せるダイエットでは大敵です!

 

それは便秘になると腸の働きが落ちてしまうことで、脂肪の分解吸収作用が衰えて内臓、特に腸内に余分な脂肪がつき易くなって肥満の原因となるからです。そして、便秘の悪影響は太ってしまうことだけでなく、便秘によって悪玉菌が増殖することで体内で有害物質が増えて、その有害物質から発生する毒素がどんどんたまって血液中に流れ込むと全身に回って皮下に毒素が堆積すると頑固な肌荒れの原因となってしまうのです。

 

このように腸内環境が荒れてしまうと、きれいに痩せるどころの話ではなくなってしまい、太って肌が汚くなってしまうといった真逆の効果となってしまうのです。それゆえ、腸内環境をきれいにしてからだの内側からきれいに痩せるためには、悪玉菌を退治して善玉菌の働きと強くして善玉菌を腸内で増やすことがキーポイントになるのです。

 

「腸内美容」できれいに痩せるためにはどうすればいいの?

 

腸内美容できれいに痩せるためには、なによりも腸内環境を常にきれいに保つことが大切です。たとえば、荒れて汚れた腸内環境をきれいにするには、ビフィズス菌や乳酸菌を摂ることです。ビフィズス菌や乳酸菌は、腸内で善玉菌となるので善玉菌を増やせます。

 

また、ラクトフェリンには腸内環境を改善する高い効果があるのでオススメです。ラクトフェリンは善玉菌のエサとなることで善玉菌の働きを助けつつ善玉菌を増やせます。ラクトフェリンは鉄分と結合する性質があるので、腸内で鉄分をエサとして増殖する悪玉菌から鉄分を奪い取って悪玉菌の働きを弱めるとともに悪玉菌を退治してくれます。

 

そして、正常にきれいになった腸内環境を維持する腸内美容のためには、毎日1〜2Lの水をこまめに摂取すること、毎日の食事の中でバナナやヨーグルトなどを摂ることなのです。バナナはオリゴ糖が含まれているので善玉菌のエサとなり、水溶性食物繊維も豊富なので腸内環境を整えて維持する作用があります。

 

加えて、定期的に運動することも腸内環境を正常に保つためには欠かせません。運動をすることで全身に血液が巡り臓器の働きもよくなって、腸のぜんどう運動も活性化できるので腸内環境の悪化を防いで便秘の予防にもなります。