腸内環境をきれいに保つ

「腸内環境」を綺麗にすると痩せられるの?

 

「綺麗に痩せるダイエット法!…」と言えば、定番は食事の栄養バランスと摂取カロリーのコントロール、加えて運動ということになると思います。でも、ちかごろでは、腸内環境で痩せる、あるいは太ってしまう原因として「腸内環境とダイエットの関係性」が注目されるようになっているのです。そのことから、「腸内美容」「腸美人」といった言葉が、巷でもてはやされるようになったこともあって、腸内環境を綺麗に保つことで痩せるダイエット方法に注目が集まっています。

 

腸内には無数の細菌が生息しており、それら細菌は大きく分けて善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つとなります。そして、腸内環境で痩せる、太るは、善玉菌と悪玉菌の働きが大きく関係していると言ってよいのです。

 

腸内環境によるダイエット方法では、これら腸内細菌では「肥満型腸内細菌」と「痩せ型腸内細菌」の両方が共生していると最近の研究で報告されています。そのことから、腸内環境を綺麗に保つダイエット方法においては、「肥満型腸内細菌」を減らして「痩せ型腸内細菌」を増やして腸内で優勢となるようにしてやればよいと言うことになります。

 

そのためには、上記での3つの腸内細菌のバランスが決め手となり、「善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割」とが腸内環境が良好で痩せる腸内環境となる理想的な細菌バランスとなります。それゆえ、このバランスが崩れてしまうと「肥満型腸内細菌」が増殖して太る・肥満になり易い腸内環境になってしまうのです。

 

「痩せる腸内環境づくり」で効果的なダイエットを目指す!

 

「痩せる腸内環境での効果的なダイエット方法」では、善玉菌と悪玉菌とのバランスに注意深くなることが大切です。まず、腸内環境が乱れて悪玉菌が増殖して悪玉菌が優勢になった腸内環境は荒れた状態となり、「肥満型腸内細菌」が優勢ともなる環境となります。

 

その典型例となるのが、「便秘」なのです。便秘の原因は、悪玉菌であり、便秘になると腸内に大量の便をため込むことになって下っ腹がポッコリと突き出た肥満体型となり、体重も増えます。また、便秘の腸内環境だと、腸のぜんどう運動が低下するので、脂肪の吸収分解作用も落ちてしまい脂肪が体内に、特に腸内にたまり易くなって太る・肥満の大きな原因になります。

 

一方、善玉菌の働きが強くて、善玉菌がたくさんある善玉菌が優勢な腸内環境は綺麗な状態となります。そして、そのような腸内環境では「痩せ型腸内細菌」が優勢となる、いわゆる「痩せる腸内環境」となります。善玉菌が多い綺麗な腸内環境だと、腸のぜんどう運動も活発なので、脂肪や糖質などの消化吸収がスムーズとなって、十分な栄養分を吸収する能力も高くなるので、脂肪や糖質が腸内で余らなくなるとともに、どうしても消費し切れない脂肪分や糖分はきちんと便として体外に排泄されることになるのです。そのことから、綺麗な腸内環境だと脂肪分や糖分が体内に蓄積され難い「痩せる腸内環境」になると言ってよいのです。