リバウンドしないダイエットはきれいに痩せる基本中の基本

リバウンドする理由ってなに?

 

リバウンドとは、ダイエットして目標となる体重まで痩せたにもかかわらず、元の体重に戻ってしまうことです。そして、リバウンドで一番怖いことは、痩せたり太ったりを繰り返すことで、むしろ太り易く痩せ難い体質になってしまうことなのです。そのことから、ダイエット方法では、「絶対にリバウンドしないことが基本中の基本になる!」と言ってよいでしょう。

 

でも、どうしてダイエットした場合にリバウンドしてしまうのでしょうか?…それにきちんとした理由があります。

 

1つ目の理由は、ダイエットしても、それほど体重に変化がみられない停滞期での「ホメオスタシス機能」が働くことにあるのです。ホメオスタシス機能とは、外部の環境が変わってもからだの状態が常に一定に保とうとするものであり、体調調整はホメオスタシス機能となります。

 

食事制限のダイエット中に、摂取カロリーを減らしても恒常性を保つホメオスタシス機能が働いてしまってエネルギーの消費量も減らしてしまうことでダイエット効果が出ないばかりか、逆に体重が増えてしまうといったリバウンドが起きてしまうのです。

 

もうひとつの理由は、「レプチン減少による満腹感を得難くなる」ことです。満腹中枢を刺激するのは「レプチン」という物質です。脂肪が脂肪細胞に吸収されるとレプチンが分泌されて脳を刺激して満腹感信号を出します。しかし、食べる量が減るとレプチンの分泌量も減少することで、満腹中枢への刺激も弱くなるので、つい食べ過ぎてしまってリバウンドしてしまうケースがあるのです。

 

リバウンドしないダイエット方法でのコツ!

 

リバウンドしないダイエット方法でのコツとしては、1つ目には「急激に体重を減らすようなダイエットはしない!」ことです。それはすでに触れたように、ホメオスタシス機能をなるべく働かせないようにするためなのです。ダイエット停滞期に関係するホメオスタシス機能が働くのが1カ月間で5%以上の体重を落とした場合となります。それゆえ、即効性を求めたダイエットをしてしまうとホメオスタシス機能が働き易くなってしまうのです。

 

そのことから、なるべくホメオスタシス機能による停滞期に陥らないようにすることがリバウンドがし難いダイエット方法になると言ってよいのです。それゆえ、1カ月で5%以上の体重減を目指さすようなダイエット効果を求めないダイエット方法が大切となるのです。

 

2つ目は、「最低1カ月間は体重をキープする」こととなります。それはダイエット中の対処法というよりは、目標体重までダイエットが成功した後にリバウンドしてダイエットを台無しにしないための対策となります。

 

すでに触れたように、満腹中枢を刺激して満腹感を与えるレプチンの分泌量が元に戻るまでには、最低1カ月ほどかかるので、ダイエットが成功して目標体重に戻ったからといって、1カ月間はダイエットでの食事量を続けることが大切となります。

 

その間、レプチンの分泌量が減って満腹感を得られなくなっても決して満腹感を得られるまで食事量を戻さないようにしてください。レプチン減少の誘惑に負けて満腹感を得るまで食べるようになるとリバウンドしてしまう可能性がかなり高くなってしまいます。