きれいに痩せる食事ダイエット

きれいに痩せる食事ダイエット:ポイント@

 

きれいに痩せるための食事ダイエットでの1つ目のポイントとしては、「バランスよく食べてしっかり動く!」ということです。きれいに痩せるためには、食事に気を配ることはもちろん大切ですが、食事ばかりでなく摂取したカロリーを消費できるようにしっかり動く、つまり「運動する!」こともとても重要になるのです。

 

きれいに痩せたいなら、まずは1日3食をきちんと食べて、できれば毎日決まった時間帯に食べるような規則正しい食習慣を身につけることです。朝食を抜いて、昼食と夕食にたっぷり食べてしまう…ではきれいに痩せることはできないのです。また、特に夕食でたくさん食べると、夕食後はほとんど摂取したカロリーを消費できないので、余ったカロリーが脂肪となって体内にたまりやすくなってしまいます。また、夕食時間では、夜9時以降に食べる習慣がある場合は、脂肪がたまりやすくなります。

 

さらに、きれいに痩せる食事ダイエットでは、栄養バランスにも注意が必要です。極端な単品ダイエットだと、栄養バランスが崩れてしまって便秘や強い倦怠感、抜け毛などのからだに悪影響を及ぼしてしまいダイエットどころではなくなってしまう場合があります。加えて、PC作業をしながら、あるいはテレビを観ながらの、「ながら食い」をすると満腹中枢が鈍くなって、つい食べ過ぎてしまうようになります。

 

そして、食事だけでなく、食事から摂取したカロリーをしっかり消費できるように運動にも定期的に取り組むようにしましょう。たとえば、20分くらい毎日ウォーキングする、通勤の帰りなどでひと駅手間で下車して歩いて帰る習慣を身につける、夕食後に数時間経ってから近くを散歩するなどの有酸素運動に取り組むと摂取カロリーを消費できるだけでなく、すでに体内に蓄積された内臓脂肪も燃やして減らすことができます。

 

きれいに痩せる食事ダイエット:ポイントA

 

2つ目の、きれいに痩せるための食事ダイエットでのポイントは、「正しい食欲を身につける!」ことなのです。食事ダイエットとなると、とかく我慢の連続となるケースが多いと思います。「ケーキは大好きだけど太るから我慢!」「ラーメンが食べたいけどカロリーが高いから我慢!」「久しぶりに焼き肉が食べたいけど脂肪が多いから我慢!」などなど、食事ダイエットでは、食べたいモノや食べたい気持ちとの葛藤となってしまうのです。

 

そのような様々な葛藤との闘いとなるダイエットがストレスとなってしまって、過剰に脳の食欲センサーが働いて、やけ食い気味に甘いモノやジャンクフードを力食いしてしまう!…なんてこともあるのです。そのため、きれいに痩せる食事ダイエットでは、常に追い詰められた状態で食事制限やカロリー制限をするのではなく、少し心にゆとりをもたせて、我慢するダイエットではなく、バランスよく食べてしっかり栄養を摂れるような、正しい食欲を身につけることが大切なのです。

 

そのためには、「食べたいモノを絶対に食べない!」ではなく、食べたいモノについては、栄養面から考えて適量を食べるようにする、またはダイエットしている自分へのご褒美として、10日に1回くらいは食べたいモノを適量食べる、といった柔軟性をもたせたダイエットにすると、きれいに痩せられる食事ダイエットとなります。